2017-12-06

何のための柔軟性?

身体を柔らかくするためにヨガをしてるわけじゃないけど




やっぱり身体が変化していくのって、嬉しいし楽しいよね!




もちろんわかる!わたしもみなさんの変化をみるのはものすごく嬉しい!!!





できなかったことができるってやっぱりとてもうれしい!




けど、なんのための柔軟性?




開脚前屈ぺたーってできなくて、日常に何か困るかな?




なんでわたしたちはこんなにも柔らかい身体に憧れちゃうのでしょ




うん、何度も言うけどわかるんやけど。憧れるよね!




小学校の体力テストの前屈とかのせい?足より下に手がいったらマイナス何センチとか。




身体が自由にみえるからかなぁ。




でもね、今は憧れを超えて、健康で幸せいっぱい感じられる人生を過ごすためにヨガをしているんだなって思うようになったよ!




たまにね、クラスを受けているとき、自分がクラスをリードしているときでも、自分の内側がとっても喜ぶことがある。




わたし今とっても気持ちいなー!とか、できないけど楽しいなー!とか、




みんなが自分の身体と呼吸に集中しているなー!とか。そう感じるとき。




身体のどこも痛くなくて、自分に対しての評価は満点じゃなくて80%くらいでも、それで良しとできて、




とびきりのイベントがなくても、基本的に幸せやなぁと感じられている自分でいるために




わたしたちはヨガをするのかなと思います ^ ^




身体の変化はすばらしい。でもそのスピードはカメさん並みってことを忘れないでね!どうか焦らないで下さい☺️




柔軟性やポーズの完成度に関しては、1年後2年後にできているようになればいいな~って程度に




気楽に、狙わずに、淡々と練習を重ねていくと




結果(ポーズや柔軟性)は向こうから勝手にやってきます。




Asana is coming!