2017-07-06

塩梅は呼吸で決まる?

深澤大輝さんのことは、伊豆の八百屋さんのお話から知ったんやけど、



深澤さんのこと知らなくても帯の「塩梅は呼吸で決まる」を見たら普通に買ってたと思う!(しかも顔がタイプ!)






調味料については、マキさんのお料理と同じで、砂糖はいらない、と書かれてたよ!




よく考えたらそんなこと断言しちゃうのすごいよね。基本の「さしすせそ」から抜いちゃうんやもんねぇ。




でもマキさんのお料理習ったあとだから、素材のうまみを引き出すよう調理すれば、外から砂糖を加えなくても十分おいしいということ、




これはすんなりと入ってきた☺





で、この本の帯で気になったフレーズ、「塩梅は呼吸で決まる」 ですが





例えば野菜の湯で加減はね、何分茹でたらお湯からあげる、とかじゃないのですよ





素材の力が一番発揮されているタイミングは、「自分の呼吸が一番深まったとき」 だそう・・・





昨日道の駅でつる菜という葉野菜を買ったので、早速実践してみました!





自分の呼吸のサイクルを感じて・・・




吸って、




吐いて、




吸って……あ、今深く吸えたぞ! 今だ!!!







って、ぜんぜんわかりませーん!!!






これはかなり修行がいりそうです。やっててちょっと笑けました。






でも、深澤さんが言ってることはいろいろ興味深かったよ。





人気のレシピ通りに測って作っていく料理も豊かで楽しいけれど、




もっと「自分の味」を探してみようってこと、深澤さんは言ってると思うのね。





お母さんが料理作るとき、大さじも小さじも使ってないしなー。




適量、目分量で作れるようになるのはやっぱりあこがれる!




あと、おうちごはんは菜食にするくらいでバランスがとれるんじゃない?とか、




たまには断食すると味覚がさえるよ、とか




料理するときは体の力を抜こうね、とか(これは呼吸で塩梅をはかることにつながる)




実践はちょっとむずかしくても共感することは多かったし、読んでて気分よくなりました☺





レシピに書かれている分量に頼りすぎずに、ちょこちょこ味見しながら料理する、って感じで
やっていこうと思いまーす!





これ、関係ないけど、今の気持ちそのまんまを言ってくれてる本をブックオフで見つけたので思わず買っちゃった!


藤井恵さんもからだが喜ぶお料理の本たくさん出されているけど、これが一番そそる~!!