2017-06-30

マインドフルな台所@Ahaha kitchen



先日、池田マキさんのお料理教室Ahaha Kitchenに行ってきました!




お野菜中心の家庭料理を教えてくれます☺




作ったのは、


・きゅうりの酢の物
・野菜スープ
・重ね煮八宝菜




驚いたのは、調味料にお砂糖とみりんを使わなかったこと!!




野菜を炒める順番、お塩を加えるタイミング、




そんなちょっとしたコツで素材のもつ甘みをじゅうぶんに引き出せて、




外から甘みは加えなくたってほんとうにおいしいごはんが作れちゃうんです。これは感動だよ~!!





素材に寄り添って、素材の味を引き出すようにしたら自然とおいしいごはんになること、




難しい味付けも調味料もいらないってことを教えてもらって




わたし、こういうお料理を学びたかったんだ!!と気づけたのがすごくうれしかった〜☺︎






あとね、もうひとつ印象的だったのがマキさんの台所での様子。




「今匂い変わりましたよね!」



「う〜〜ん、いい香り!」



「スジもとらずに使っちゃいましょう!大丈夫、おいしいよ!」



となんかすごく楽しそうー☺




わたしが台所にたつときって、マキさんみたいにルンルンじゃないなって




眉間にしわよせながらトントンしてることも結構あるよなぁとか思いながらマキさんを観察(笑)。




料理してるときのマインドって、なんとなくおいしさに関係する気がしない?




もっと気持ちをこめて料理しよって思った。




うん、るんるんで作ったご飯の方が、おいしいに決まってる~!





マキさんに会ってからちょっと試してることがあってね、台所にたってからほんの少し目を閉じて呼吸を整えるの☺





そうすると、ごはんってありがたいなぁ、って感じた断食後のことを忘れないでいられる気がするし




よーし、体を喜ばせてあげよう~って、おだやかでポジティブな気持ちで台所にたてる。





断食後は食べる瞑想をしたけど、これって台所にたつところからできるともっと良いよね。





気分良くマインドフルに台所にたって、目の前の素材ひとつひとつに興味をもつと、どばどば調味料を入れちゃうこともない。




お料理教室だから、レシピがあって、野菜の切り方や熱の加え方とか教えてくれて、




なんとなくやってるけどこれで合ってるの?という疑問も解消できたのももちろん収穫だけど、




何より、お料理することの原点に帰らせてくれたお料理教室でした。




マキさん、たくさんの気づきを与えてくれて、本当にありがとうございました☺♡




からだとこころにやさしい、あったかいごはんを学びたい人にとてもおすすめ^ ^!




マキさんの教室はこちらです☺→Ahaha kichen