2013-12-09

見晴らしてみて




ずっと登りたかった大文字山。
ふと、今から行こう!ということに。
学生時代からずっと過ごしてきた京都の街を眺めていると、なんだかこみあげてくるものがあった。
どの言葉も違う、うまくなんか言えないけれど、いつか京都を離れることがあっても、必ず戻って来たいと感じたのでした。





哲学の道の小物屋さんちのお庭にあった流し場がとてもすてきでした。